img_header_white.jpg

シジマ

夏の静寂


ワルシャワという女性3人バンドのボーカルだった奥村かよ。ワルシャワとも難波ベアーズでシュガーフィールズと対バンしたことから交流が始まる。

当時シュガーフィールズ原はカフェオレーベルの前身ともいえるカセットレーベルを作ろうとしていた。カセット4トラックで自分の作品をはじめ、いろんな好きなバンドの録音も始めようとしていた。
その時、ワルシャワの録音も手がけた。

原が奥村に、「レーベル名なんかいいの無いかな?」と何気なく聞いたところ、ちょうどその時缶コーヒーのカフェオレを飲んでいて「カフェオレーベルでええんちゃう?」と言われ、、、現在に至る。

数年後、東京でカフェオレーベル本格始動した頃、奥村からデモ・テープが届く。エレキギター一本の弾き語りだったが、女シューゲイザー的なサウンドイメージが原に湧いたため、カフェオスタジオに呼びレコーディング開始。壁のような轟音ギターにグルーヴィーなリズム、高音でウイスパーな女性ボーカル。当時のカフェオレーベルでも人気が高く、今でも「ワルシャワ好きだったんですよ!」という声をよく頂く。


TRACK

1. INDIAN SUMMER
2. NAVY
3. APRIL HILL FOOL
4. NON KILL
5. KOU










CAFE-0011.jpg

シジマ
『夏の静寂
Release: 1998.10.16
No: CAFE-0011
Formats: CD, and Digital

2itunes-store-logo.gif